歯科充填材料の種類について

歯医者

虫歯などの歯科治療では歯に詰め物をするときがあります。この詰め物をすることを歯科の専門用語では充填と呼び、その材料を歯科充填材料と呼びます。歯科充填材料にはいくつかの種類があります。まず、古典的な物質として、アマルガムがあります。これは耐久性には優れていますが、見た目がグレーであることや、完全に固まってから、詰めた後の高さ調節などをするため、今ではあまり使われなくなってきました。他にはグラスアイオノマーセメントというものがあります。これはフッ素を含むことが特徴です。フッ素には虫歯になりにくくする効果があります。一番よく使われているのがレジンです。レジンはネイルアートでも手軽に用いられているため、ご存じの方も多いかもしれません。プラスチック樹脂で、天然歯に近い色で詰めることができます。固める方法は光を当てます。光を当ててすぐに固まるため、詰めたあとすぐに整形できるメリットがあります。ちなみに、今紹介してきたものは保険診療の範囲で使われます。保険診療の範囲外となりますが、優れた種類のものがあります。ハイブリッド接着性充填剤と呼ばれるものです。先に述べたレジンは詰め物としては手軽ですが、弱いという欠点がありました。ところがハイブリッド接着性充填剤は、色は天然歯に近く、耐久性にも優れています。結果的にどの種類の充填剤を使うかは色や耐久性によって、患者側が決めていく形になっていくのかもしれません。

 

LINEで送る