歯科医院の歯の詰め物の種類

歯医者

歯科医院の虫歯治療では虫歯を削った後に、虫歯を適した形に削って型取りをしてから、適合する形態の修復物を作成する詰め物として、メタルインレーは公的保険適応で3割負担であることもあり、安価で済みますが銀歯が目立ってしまう特徴があります。歯科医院で使われる歯の詰め物の素材は、メタルインレーなどの金属で作られたもの以外にも、プラスチックで作られたものや陶器で作られたものなど様々な種類がありますが、見た目だけでなく強度や歯の寿命への影響や特徴など異なりますので、あらかじめ、歯科医院で取り扱われている詰め物の種類や特徴を調べてから治療を受けるのも手です。歯科医院では、公的保険適応がされない自由診療の詰め物である金の詰め物もあり、歯の硬さに近いだけでなく、歯との間に隙間が生じることによる治療後の虫歯になる危険性が少ないとされていて、長期的に金属イオンが溶出する可能性も少ないと言われていますが、口を開けた時に金歯が見えてしまうことがあるので、そのことも考慮するといいです。また、自由診療には金属を使わないセラミックインレーもあり、費用は高価ですが白く透明感があり、自然な歯と見分けがつきにくいメリットがあります。

 

LINEで送る