歯科医院で使われる詰め物

歯医者

歯というのは、虫歯などになってしまうと自然に治ることはありません。放置していれば、どんどん悪化してしまいますし、削ったとしてもけぶった部分が戻ることはなく、詰め物をする必要があります。そこで、歯科医院では、削った部分の噛む機能性を戻すためや、見た目を改善するために詰め物を行います。種類は、削った部分の大きさなどにもより、費用も変わってきます。歯科医院で多く使われるのは、小さい虫歯であればレジンというプラスチック樹脂が使われます。保険が適用されるので1000円程で治すことができます。大きくなると、銀歯を使うようになり、費用は数千円ほどかかります。歯科医院では、保険外の詰め物も扱っています。レジンや銀歯よりも見た目がよく、きれいに治すことができます。保険外治療は歯科医院によって費用に差が出ますが、平均するとセラミックの詰め物で3~5万円というのは相場になります。プラスチックとレジンを混ぜた、ハイブリッドセラミックは、歯ぎしりの患者さんに多く使われる材料ですが、費用はセラミックよりも少し安く行うことができます。歯の状態や噛み合わせによって、患者さんの状態に合わせたものを選ぶことで、長期間いい状態で使うことができます。

 

LINEで送る