歯科医院による治療後のケアー

歯医者

歯科医院においては、虫歯の治療としてをすることが多いですが、この治療方法については誤解されている方が多いと言えるかもしれません。すなわち、詰め物として用いられている金属やセラミックは、どうせ自分の歯ではないのだから、別にこの部分はケアーしなくても大丈夫であろうと考えてしまうわけです。ですから、その詰め物による治療後は歯科医院に行くこともなくなり、歯を磨くことなどもおろそかになって、結果的に歯の健康を害してしまうことになってしまいます。では、歯の詰め物に関してどのような知識が足りなかったのかと言いますと、歯には表面に見える部分だけではなくて、表面には見えない歯根という部分があるという点です。ですから、どうせ自分の歯ではないのだからということで、しっかりと歯を磨かない状態が続いてしまうと、この歯根の部分にバイ菌が入ってしまうことになります。つまり、義歯として金属やセラミックを利用している場合には、義歯をまったく利用していない人に比べて、むしろ歯科医院をもっと積極的に利用していかなければならないということになるわけなのです。従って、歯のクリーニングをするために定期的に歯医者さんに通うなどの努力をすることが望ましいと言えます。

 

LINEで送る